×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

出産費用の平均

出産費用の平均的な金額というとどのくらいの金額が必要になるのでしょうか?
そのような疑問を持ったので、出産費用がだいたい、平均して、どれくらいの費用になっているのかを調べて見ました。
なせ、気になったかと言いますと、出産費用には、健康保険の適応が受けれないからです。
つまり、出産費用は、全額本人が支払う事になると言うことです。
ただし、市町村や会社などに申請をすることで、35万円などのお金が貰える事にはなっているようです。
さて、出産費用の平均の金額ですが、普通分娩の出産をして退院するまでにだいたい、30万円〜40万円程度の金額になるようです。
これは、やはり、出産費用の平均といっても、病院によっても金額がかなり違ってくるので仕方ないのかなぁ〜と思います。
あと、定期的な検診では、3000円程度が必要のようです。また、少し詳しい検査を行なう場合は、8000円程度になるようです。
ただし、これも出産費用の平均というよりも、病院によって違いがあるみたいです。

スポンサードリンク

安心に出産する為の書籍一覧
安心して出産をむかえる為に参考となる書籍を一覧で紹介

人気の出産に関連する本の紹介
人気があり売れている順番に出産に関連する本を紹介

【安い価格順に紹介】 出産に関連する書籍
価格が安い順に出産に関連する書籍を一覧にしています。

医療費控除についての本の一覧
医療費控除を受ける為に知っておきたい知識がのっている本の紹介

スポンサードリンク

医療費控除についての本の一覧
医療費控除を受ける為に知っておきたい知識がのっている本の紹介

【安い価格順に紹介】 出産に関連する書籍
価格が安い順に出産に関連する書籍を一覧にしています。

安心に出産する為の書籍一覧
安心して出産をむかえる為に参考となる書籍を一覧で紹介

人気の出産に関連する本の紹介
人気があり売れている順番に出産に関連する本を紹介

出産費用(大阪市)

大阪市での出産費用について調べていると、やはり、出産費用事態は、病院やその人それぞれの場合によって、結果的に必要となる出産費用といっても違いがあるので、大阪市で調べても大阪市としての独特の出産費用がどれくらいかかるのかは分かりませんでした。
ただし、大阪市というか、細かくみると大阪府にですが、「大阪府出産育児応援金」という制度があるのを発見しました。
これは、大阪市などの大阪府に住んでいる人が、平成19年11月1日以降に第3子以降の子供を出産した場合に、ひとり当たり、5万円が大阪府から給付されるという制度です。
ただし、出産した女性が出産をした時点で、大阪市国民健康保険に加入している場合には、この大阪府出産育児応援金は、出産育児一時金に含めて40万円が支給されるというものになっています。
この為、大阪市に住んでいる人の場合には、出産費用が他の都道府県に住んでいる人と比べると有利になるという事になります。

出産費用を確定申告で医療費控除を受けましょう

出産費用は、通常の正常分娩などの場合には、健康保険の適応を受けることができませんので、基本的に全額自分で支払う事になります。
帝王切開が必要になった場合などで、健康保険が使える場合には、健康保険の適応を受ける事ができます。
このように、基本的に自分で支払う事になる出産費用ですが、出産費用で支払った費用を確定申告することで、医療費控除が受けられることになります。
この為、出産費用や他の医療費を合計して10万円以上の支払いを行っているような人の場合には、確定申告を行い、医療費控除を受ける事をオススメします。
確定申告の医療費控除を受けると、数千円〜数万円のお金が戻ってくる事になります。
このような出産費用の確定申告を行い、医療費控除を受ける為には、領収書、レシート、印鑑を持って、住んでいる地域を管轄している税務署に行って申請すれば良いだけです。

スポンサードリンク
安心に出産する為の書籍一覧
安心して出産をむかえる為に参考となる書籍を一覧で紹介
医療費控除についての本の一覧
医療費控除を受ける為に知っておきたい知識がのっている本の紹介